お酒を飲む前に牛乳を飲むと悪酔いしないって本当?

そもそもお酒を飲む前に牛乳を飲むと悪酔いしないと言われる最大の理由は、胃に膜を張り、アルコールの吸収を抑圧してくれるからだという考え方に基づくものでしょう。確かに、牛乳には胃や食道の粘膜を保護する働きがあります。実際、牛乳を飲んだ後に胃カメラで胃袋の状態を見てみると、あらら、ビックリ! 本当に膜が張られているではありませんか!!

ところが、そこにアルコールを流し込むとどうなるかと言うと、これまたビックリ!! なんと、楽々通り抜けて行ってしまいます。それもそのはず、牛乳は比較的粗い分子の液体、アルコールはそれより遙かに細かい分子の液体なのです。残念ながら、牛乳でアルコールを一網打尽という訳には行きません。という事で、これはどうやら当てにはならないようです。

しかし、牛乳膜が張られている事で、直接アルコールが胃の粘膜に触れ、刺激する事は防げます。また、脂質も豊富ですから、全くアルコールの吸収を抑える作用がない訳でもありません。さらに、牛乳には「ホエイ」という良質なタンパク質が含有されています。このホエイは、水分を引きつける吸引力を持った血中タンパク質「アルブミン」の原材料です。つまり、牛乳を飲んでホエイを補充しておく事で、血液中の水分量が増え、飲酒時の脱水症状を軽減出来る可能性はあると見ていいでしょう。

ですが、それ以上に、ホエイには全ての必須アミノ酸と多種多様のビタミンが含まれ、まさしく肝臓が細胞再生のために必要としている良質なタンパク質そのものなのです。そこで、飲む前の俄飲みでもそれなりの効能は得られますが、普段から牛乳を飲む事により、肝機能を高め、悪酔いしにくい体作りが出来るものと思われます。